おやじの野望

48歳の親父が趣味を楽しくお伝えしていくブログです!

連日、七里御浜へヒラスズキ釣り遠征【2022.6.11】

こんにちは😃

今日も七里御浜へ釣りに行っていた❗️

なんと今日は釣りの原点と醍醐味を教えてくれた父がゲストです。

 

ヒラスズキを釣ってみたいということでの参戦です。

最近、七里御浜でのヒラスズキの活性も高まっている。

そこで安易に釣らせてあげられる良いタイミング。

 

3時半に現地イン。波もいい感じであります。

これなら期待出来そうです。

 

時合い前にルアーを投げるのも良くないと感じています。

少し待って3時45分にルアーを投げていく。

 

私はDUELシャローランナー120Fコノシロをチョイス。

父には最近必ず反応があるima裂空アカキンです。

 

4時15分頃でしょうか私のロッドにヒットです。

 

久しぶりによく引く。と言うよりバラシを防ぐためにドラグをユルユルに。

今日のサーフの形状が悪い。駆け上がりが急でランディングさせるのが難しい。

 

ここは仕方がない、強引に引きずり上げるしかない。

なんとか無事にランディングに成功。

 

50センチほどのアベレージサイズでしょうか。

やはり体高があり美しいサカナです。

最近、YAMAGA BLANKS EARLY 99MLでのバラシが多いため、これより全体が柔らかいGcraftSEVEN SENSE TR MSS-1062-TRをチョイスした。

 

シャローランナーは強いですね。ホント巻いてくるだけで反応してくれます。

 

まずは1匹釣れたので父へのサポートに専念することに。

ルアーをDUELコノシロ90にチェンジするも反応が無い。

少し明るくなりDUOファインダーシャッドのシラウオ白をチョイス。

 

私もシラウオにて数投するとバイトしてきた。

 

見えるバイトはルアーに当たるがミスバイトが多い気がする。

5時半まで粘りましたが釣らせて上げられずに失敗に終わった。

 

地元の方は簡単にヒラスズキを釣り上げている。

これだけは言えます。経験がないと簡単に釣れるサカナではありません。

しかし、時合いや状況に合わせてルアーを通せば意外に簡単に反応してくれます。

今年はバラシが多く釣果に繋がっていないので偉そうに言えませんが。

 

先週も1年3ヶ月も通いようやくヒラスズキを釣り上げた仲間もいます。

これだから釣れた時の感動は他の魚に比べると大きいのかもしれませんね。